フラバンジェノール 抗酸化

フラバンジェノールは抗酸化作用を持つ多機能ポリフェノール

フランス海岸松の樹皮から抽出されたフラバンジェノールは、抗酸化能力が非常に高く、肌への吸収性にも優れています。

 

この優れた抗酸化作用により、活性酸素が原因といわれている肌の老化や血管性疾患、さらには生活習慣病などに対して、多彩なフラバンジェノールの効果が研究によって明らかになっています。

 

エイジングケア化粧品によく用いられる抗酸化成分といえばビタミンCやコエンザイムQ10などが有名ですが、フラバンジェノールの抗酸化力はビタミンCやコエンザイムQ10をはるかに上回っています。

 

フラバンジェノール 抗酸化

 

ビタミンCの約600倍
コエンザイムQ10の約250倍

 

 

フラバンジェノールがいかに抗酸化作用に優れた成分であることがお分かりいただけると思います。鏡を見て年齢を感じてしまったときこそ、フラバンジェノール化粧品の出番です!

 

 

活性酸素を減らす生活習慣を心掛けましょう

 

フラバンジェノールの抗酸化作用は確かにすばらしいですが、若々しい肌を保つためには普段から活性酸素を減らすように心掛けることが大切です。

 

具体的にどのようなことに注意すればいいか紹介していきますね。

 

 

紫外線対策をする

 

活性酸素を減らすためには紫外線対策が基本中の基本です。紫外線を浴びると皮膚細胞で活性酸素が生成されるため、シミやシワの原因になってしまいます。日中外出するときはできる限り紫外線対策をしましょう。

 

 

喫煙を控える・やめる

 

タバコの煙には活性酸素だけでなく、さらに活性酸素を発生させる有害物質が多く含まれています。喫煙習慣のある人は、できるだけ禁煙にチャレンジしてみましょう。

 

 

アルコールを飲み過ぎない

 

アルコールが肝臓で分解されるときにも活性酸素が発生してしまいます。アルコールを飲む量が多い人はもちろんですが、お酒に弱い人も注意してください。

 

 

運動は軽めを心掛ける

 

息が切れるほど激しい運動は、呼吸量が多くなるり活性酸素を急増させます。逆にウォーキングなどの軽めの運動は抗酸化酵素の働きを高めるので、身体の酸化を抑えてくれます。どちらにもメリットがありますが、活性酸素を減らすなら軽めの運動がいいでしょう。

 

 

ストレス解消を心掛ける

 

現代人に多いストレスも活性酸素を発生させる原因です。ストレスを感じると一時的に血流が悪くなるのですが、これが回復する際に活性酸素が発生してしまいます。ストレスを溜めないことは難しいので、趣味や運動などでストレス解消を心掛けましょう。

 

 

いかがでしょうか?

 

生活習慣を改善するのはなかなかたいへんですが、若々しいお肌をキープするためにがんばってみましょう。

 

抗酸化に優れたフラバンジェノール化粧品はこちら