フラバンジェノール 妊娠中

フラバンジェノールは妊娠中も使える?

妊娠中、授乳中は、赤ちゃんの安全が最優先。

 

普段の食事や飲み物だけでなく、スキンケアなどなど、いろいろな面で注意しなければいけません。

 

フラバンジェノールは海岸松の樹皮から抽出された天然由来のポリフェノールですから、基本的には副作用はないと考えられます。

 

念のため、フラバンジェノールは妊娠中に使用しても問題ないかどうか、販売元のフォーマルクラインに問い合わせてみました。

 

 

当社の配合成分であるフラバンジェノールについて、

薬品ではありませんので副作用はございません。

 

ポリフェノールの一種でございますので
妊娠中・授乳中のご使用も問題はないと思われます。

 

但し、化粧品ですのでお肌に合うかどうかは個人差がございます。

 

まして妊娠中・授乳中ですと、体質の変化により
今まで気に入って愛用していた化粧品が使えなくなる方もいらっしゃいますので
パッチテスト等で確認してからのご使用をお勧め致します。

 

引用:フォーマルクラインからの回答

 

 

このように、とても丁寧な回答をいただきました。

 

フォーマルクラインからの回答を整理すると、下記の2点に要約されます。

 

 

  • フラバンジェノールは妊娠中・授乳中の使用も問題ない成分
  • 妊娠中はデリケートな時期なので、様子を見ながら使用した方がよい

 

 

少なくともフラバンジェノールを皮膚に塗ったからといって、赤ちゃんや胎児に悪影響を及ぼすようなことはなさそうですね。

 

フラバンジェノール化粧品には、便利なトライアルセットもあるので、自分の肌に合うかどうか試せしてみることもできます。

 

妊娠中の方は、念のためトライアルから使ってみるのがいいかも知れませんね。

 

 

妊娠中はなぜシミが増えるの?

 

妊娠中ににシミやそばかすが増えてしまう原因は、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

 

出産後は落ち着くケースがほとんどですが、中には出産後もシミが残ってしまう人もいらっしゃるようです。

 

妊娠中は、メラノサイトのはたらきを活発にする「プロゲステロン」という女性ホルモンが増加するために、少し紫外線を浴びただけでもシミになりやすくなります。

 

 

妊娠中のシミ対策は主に下記の3つが重要です。

 

 

1.紫外線対策

 

妊娠中は特に紫外線の影響を受けやすくなるので、シミを増やさないためには紫外線を浴びないことが何より大切です。帽子、日傘、日焼け止めクリームなどで、しっかりと紫外線対策を行ってください。

 

 

2.ビタミンA、ビタミンCを摂取する

 

ビタミンAのは新陳代謝を促す働きが、ビタミンCにはメラニンの働きを抑制する効果があるといわれています。普段の食事から積極的に摂取しましょう。

 

 

3.スキンケア

 

妊娠中の肌はとてもデリケートです。肌にやさしい低刺激成分の化粧品で、肌を整えてあげましょう。前項で紹介したように、フラバンジェノールは妊娠中でも安心して使える化粧品です。

 

 

フラバンジェノール7日間トライアルでスキンケアをはじめる