フラバンジェノール ピクノジェノール

フラバンジェノールとピクノジェノールの違い

フラバンジェノール

 

フラバンジェノールとピクノジェノール、名前も似ているこの2つの成分はどこが違うのでしょうか?

 

実はフラバンジェノールもピクノジェノールも、フランス海岸末の樹皮から抽出されたポリフェノールという点は同じです。またOPC(オリゴメリック・プロアントシアニジン)を有効成分としている点もまた同じです。

 

この2つの成分の違いは、下記の2点によって区別されています。

 

  1. 登録商標の違い
  2. 抽出加工国の違い

 

 

それではフラバンジェノールもピクノジェノールの違いを詳しくみていきましょう。

 

 

登録商標が違う

 

登録商標とは、商品やサービスを識別する名称やマークのこと。ここでは「フラバンジェノール」、「ピクノジェノール」という成分名をさします。

 

 

フラバンジェノール

 

登録会社名:株式会社東洋新薬
会社所在地:日本

 

 

ピクノジェノール

 

登録会社名:ホーファーリサーチ社
会社所在地:スイス

 

 

どちらもフランス海岸末から抽出されたポリフェノールですが、各社が持っている商標の違いで、フラバンジェノールと呼ばれたり、ピクノジェノールと呼ばれたりするということです。

 

 

抽出加工国が違う

 

もうひとつ、フラバンジェノールとピクノジェノールで大きく違う点が、抽出加工国が違うということです。

 

 

フラバンジェノール

 

抽出加工国:日本

 

 

ピクノジェノール

 

抽出加工国:フランス

 

 

ピクノジェノールは原産国のフランスで抽出を行っていますが、フラバンジェノールは日本国内で抽出加工を行っています。

 

日本とフランスではどちらが加工技術に優れているのかは分りませんが、おそらく大きな差はないものと思われます。

 

 

国内加工のフラバンジェノールには安心感がある

 

このようなことからも、フラバンジェノールもピクノジェノールは商標、抽出加工国に違いはあるものの、成分としてはほぼ同じと考えられます。

 

しかし私たち日本人にとっては「国産原料」であるフラバンジェノールに安心感を感じる人が多いのではないでしょうか。

 

 

  • 商標登録会社も日本
  • 抽出加工国も日本
  • そして化粧品の製造も日本

 

 

もちろんピクノジェノールが品質面で劣るわけではありませんが、「国産=安心」というイメージはどうしてもつきまといます。肌につける化粧品ならなおのことですよね。

 

フラバンジェノール化粧品の製造元である東洋新薬は、トクホ、医薬部外品の承認品目数が日本一という会社ですがら、品質面では先ず心配はないでしょう。

 

フラバンジェノール配合化粧品の詳細はこちら