フラバンジェノール 成分

フラバンジェノールの全成分表示について

「フラバンジェノール配合」といっても、配合量が少なければ美容効果も期待できませんよね。フラバンジェノールがしっかりと配合されているかどうかは「全成分表示」をみるとある程度分かります。

 

 

成分名は「フランスカイガンショウ樹皮エキス」

 

化粧品、医薬部外品などは、法律で全成分表示を記載するように義務付けられています。

 

フラバンジェノールの成分表記名称は「フランスカイガンショウ樹皮エキス」です。この成分名が記載されていればフラバンジェノールが配合されていることになります。

 

 

全成分は配合率が高い順に表記されている

 

化粧品の全成分表示は、配合率が高い成分から順に記載することになっています。(ただし配合率1%以下は順不同)

 

医薬部外品の全成分表示は、有効成分(厚生労働省に効果が認められた成分)とその他の成分に分けて表記されますが、その他成分は化粧品と同様に配合率が高い順に記載されます。

 

つまり全成分表示の最初の方に記載されている成分の配合率が高く、最後に行くほど配合率が低い成分ということになりますね。

 

 

薬用フラビア ローション(医薬部外品)を例に全成分を確認してみましょう。

 

フラバンジェノール 成分

 

有効成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」を除けば、「フランスカイガンショウ樹皮エキス(フラバンジェノール)」が一番先に記載されていますよね。

 

明確な配合率までは分からないものの、全成分表示からフラバンジェノールの配合率が高いことが分かるわけです。

 

一番最初に記載されているなんて、さすが「フラバンジェノール高濃度配合」とうたわれているだけのことはありますね!

 

 

またフラバンジェノールの保湿効果は、ヒアルロン酸の相乗効果でさらに跳ね上がることは販売サイトでも紹介されています。

 

フラバンジェノール ヒアルロン酸

 

先ほどの全成分を見ると、ヒアルロン酸も最初の方にしっかりと記載されていますね。

 

フラバンジェノール ヒアルロン酸

 

しかも「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」はスーパーヒアルロン酸と呼ばれる成分で、肌なじみがいい上に、通常のヒアルロン酸と比べて約倍の保水力を持っているといわれています。

 

全成分表示をよく確認するといろいろなことが見えてきますね。

 

 

フラバンジェノール化粧品「フラビアシリーズ」の全成分を見ると、ほとんどの商品において「フランスカイガンショウ樹皮エキス」が最初の方に記載されていました。

 

「フラバンジェノール高配合」に嘘偽りはありませんでした。このあたりの企業姿勢は素晴らしいと思います。

 

フラバンジェノール7日間トライアルをみてみる